DIY

【DIY】窯業系サイディングを塗装するのに必要な道具7選

【DIY】窯業系サイディングを塗装するのに必要な道具7選

こんな人に読んでほしい

  • 道具選びの基準がわからない
  • なるべくお金をかけたくない
  • キレイに仕上がる道具を使いたい

DIYで塗装するなら道具をしっかり選ばないといけません。

道具1つで仕上がりが全然違います。大袈裟に聞こえるかもしれませんが、これマジです。

この記事で紹介する道具のうち、98%が実際に使ったことのあるもの

※高圧洗浄機だけは使ったことがないです

親方
つまり、あれだ。プロが厳選した道具ってやつだ。

>> すぐに塗装道具をチェックする

DIYに適した道具とは?

DIYに適した道具とは?

道具を選んだ基準

  • 初心者でも使いやすい
  • 実績のあるもの
  • できるだけ安く買える

初心者でも使いやすい

僕が塗装屋になったばかりの頃に使って「イイやん」と感じたものを選んでいます。

なので、初心者向けといったものの完全にプロ仕様の道具です。

親方
塗装はシンプルな作業だからこそ、初心者でも道具で差が出るぞ。ダメなものはダメだ。

実績のあるもの

ちゃんと評価できる、人に勧められる道具しか選んでいません。

また、ここで紹介する道具は、他の口コミとかランキングにはないオリジナルの内容になっています。

塗装業界って地味なんですが、ちょっとした改良を重ねて新製品が出ているんですよ。

できるだけ安く買える

塗装に使う道具は消耗品が多いので、なるべくコスパのいいものを選びました。

もちろん安いだけじゃなくて、この製品なら納得の値段かなと思える道具って感じですね。

窯業系サイディングの塗装工事に必要な道具7選

窯業系サイディングの塗装工事に必要な道具7選

それでは簡単に説明しながらサクッといきます。

高圧洗浄機:ヒダカ HK-1890

最初にすみません。これ使ったことないです。プロ仕様の高圧洗浄機は30万とかしちゃうんで、さすがに紹介できないんですよね。

高圧洗浄機は家に1台あると他の掃除もできるんで、持っていて損はないはず。

おすすめは「フルテック GB160D」ですが、現実的ではないので「ヒダカ HK-1890」を使いましょう!

刷毛:好川産業 GPフレッシュ

ここでは外壁によく使われる水性塗料に使える刷毛を紹介します。

コシがあってヘタりにくい、値段がそこそこのナイロン刷毛。

親方
使い捨てはもったいないからしっかり洗わないといけないぞ。

ローラー:太豊(タイホウ) 黒虎

ローラーに関しては下記を参考にしてみてください。

外部リンク【図解あり】塗装ローラーの選びかたを解説!初心者OK!もう迷わない!

外部リンク外壁塗装におすすめのローラーを紹介【経験をもとに厳選しました】

※僕が運営しているサイトです

養生:日東電工 ペイントエース

基本的に使うの下記の3つ

  • マスキングテープ
  • ガムテープ
  • ナイロンマスカー

正直マスカーとガムテープは何でもいいので、550mmか1100mmを選んでください。

マスキングテープに関しては「貼った部分を傷めにくいタイプ」を推奨します。

塗らない場所がデリケートな場合は特にガムテープの跡がついたりしていまひとつ。

親方
できれば使い分けたほうがいいぞ!

バケット:SXサイズ

バケットは深さがあるほうが使いやすいです。

ずっと持っていると、地味に疲れてくるので小さいサイズがいいかもしれませんね。

バケットを出しているメーカーはいくつかありますが、性能に差はないので好きなものでOK。

撹拌器:インパクト用ミキサー

基本的にはインパクトで使うタイプをおすすめします。。

インパクトがなかったら木の棒で代用してください。

薄くてキレイなものを使おう

  • 厚み:15mm
  • :60mm程
  • 長さ:300mm以上

きちんと混ぜることができればOKですが、機械を使っても1分~3分くらい混ぜるので、手動なら、、、頑張って混ぜてください。

もし、粘度の高い下塗り(パーフェクトサーフ)などを混ぜるときは、機械じゃないと厳しいです。

腰道具:ペイント用の腰袋

※あると便利っていう程度です

絶対に使う道具

  • カッター
  • 皮スキ
  • ラスター

基本的に上記があればいいのかなと思います。

詳しくはこちらの【プロが厳選】塗装をするうえで絶対に必要な基本道具を5つ紹介を参考にしてください。

まとめ:DIYで塗装するなら道具はしっかり選ぼう

ちゃんとした道具を使うと塗装も楽になり、自然と工事も円滑に進んでいきます。

ローラーやマスキングテープにちょっとお金をかけるだけで性能が変わりますよ。初心者でも違いを感じられるはずです。

DIYを成功させるには、、、

  • しっかり準備をする
  • 効率を考えて塗る
  • ちゃんと道具を選ぶ

>> 塗装道具をチェックする

親方
上手く塗るには技術だけじゃどうにもならないこともあるんだ。

関連記事【まとめ】窯業系サイディングをDIYで塗装する場合の工程や注意点

-DIY

© 2020 ペイントガイド