費用

【1分で解決】外壁塗装の助成金を受けられるか地域別にチェック!

【1分で解決】外壁塗装の助成金を受けられるか地域別にチェック!

この記事でわかること

  • 外壁塗装の補助金について調べる方法
  • 補助金を受け取るための条件や注意点
  • 外壁塗装の補助金を受け取るまでの流れ

地域によって対象となっている工事は違うので、塗装の補助金が受けられるのであればかなりラッキーです。

期間限定の場合もあるので、条件とタイミングさえ合えば必ず使いましょう。

この記事では、まず補助金を受けられるかをチェック。その後の流れや注意点も解説していきます。

親方
補助金が受けられるかどうかは1分もあれば簡単にわかるぞ!

あなたの地域に外壁塗装の助成金があるか1分でチェックできる

あなたの地域に外壁塗装の助成金があるか1分でチェックできる

地域住宅リフォーム推進協議会のツールを使えば、住んでいる地域の助成金を調べられます。

地図をクリック

地図をクリックすることで各都道府県の助成金一覧をチェックできます。

高反射率塗料

「東京都 港区」を選択。ここでは指定された塗料を使うことで助成金が受けられます。高反射率塗料とは遮熱塗料ですね。

東京都 港区 条件

自分の住んでいる地域をピンポイントでチェックできるのが便利ですね。詳細もわかるようになっているので、ブックマークしておきましょう。

外壁塗装で補助金を受け取るための条件と注意点

外壁塗装で補助金を受け取るための条件と注意点

ここからは、補助金を受けるための注意点をメインに解説します。 対象外だった場合でもチェックしておいてくださいね。

他のリフォームが対象になっていることもあるので、お得な情報を見逃さないようにしましょう

どんな工事で助成金がもらえる?

助成金は10万~20万円が一般的です。中でも「省エネリフォーム」に適用されるものが多く見られます

例えば東京都港区なら、遮熱塗料を使用することが条件。外壁塗装によく使われるシリコン塗料よりも費用が高いので、助成金を使えばかなりお得になります。

塗料が限定されてしまいますが、性能が高いものを使えるチャンスでもあります。

関連記事窯業系サイディングの塗料選びで失敗しないための5つのポイント

助成金を受けるための条件

当たり前ですが、対象の地域に住んでいることが前提です。

  • 対象地域内に住宅がある
  • 対象区域内に住民登録している
  • 対象区域内の住宅を所有している
  • 対象区域内の住民として税金を滞納していない
  • 対象区域内で同じ補助金制度は1回しか使えない

対象の住宅に住んでいる、もしくは所有しているアパートやマンションがある場合に適用されます

助成金を申請するタイミング

助成金を受け付けている期間内、そして必ず工事前に申請しなくてはいけません

工事が終わってからはNG。申請に必要な書類を提出しなければいけないので注意してください。

また、審査があるので必ず助成金が受けられるとは限りません。

親方
条件を満たしているのならとりあえず申請だ。

外壁塗装で助成金を受け取るまでの流れ

外壁塗装で助成金を受け取るまでの流れ

助成金を受け取るまでの流れは以下のようになります。

  1. 助成の条件を確認
  2. 塗装業者の見積もり
  3. 自治体に申請書提出
  4. 工事スタート
  5. 報告書提出
  6. 助成金請求・受け取り

こうやってみるとめんどくさそうですが、重要なポイントは1つ。親身に対応してくれる業者を見つけること。

親方
申請は自分でしなくてはいけない。工事を安心して任せられる業者がいると心強いな。

外壁塗装で補助金を使う場合は業者選びが重要

外壁塗装で補助金を使う場合は業者選びが重要

いくら助成金がもらえるとしても、業者選びで失敗したらすべて意味がなくなります

申請に慣れている業者がベスト

助成金の対応に慣れている業者が理想。仮に未経験でも、自分で調べて親身に対応してくれる業者が望ましいですよね。

安心できる業者とは

  • 対応が丁寧な業者
  • 住んでいる地域の業者
  • 遮熱塗料の施工実績のある業者

上記を満たしているのならOK。助成金が「遮熱・断熱塗料」などの指定がある場合は、慣れている業者がおすすめ。

親方
遮熱塗料といっても種類はたくさんあるんだ。専用の下塗り塗料も必要になってくるぞ。

悪徳な業者を避ける必要がある

ここでいう悪徳業者は下記の3つに当てはまる業者のことを指します。

  • 施工実績がない(ド素人)
  • 手抜き工事をする
  • 高い費用を請求する

特にたちの悪いのが助成金がもらえるからと言って、見積書を高くするような業者。 残念ながらこういった業者は一定数います。

しっかり見積もりを比較する

色んなところで「業者を比較しよう」と言っていますが、いざ比較と言っても難しいですよね。

ただ、比較することでだいたいの相場がわかるのは事実ですし、最低でも2社から見積りをとっておきたいところ。

親方
慣れないことかもしれないけど大事なポイントだから妥協せずがんばろう!

まとめ:外壁塗装の助成金があれば有効に使おう!

助成金がもらえるかは地域住宅リフォーム推進協議会ツールを使えば1分で調べることができます。金額は10~20万円くらいが一般的ですね。

助成金の注意点

  • 塗料が指定される場合がある
  • 地域によっては助成金がない
  • 申請できる期間限定されている

条件を満たす人は意外と少ないので、もし対象地域に住んでいたらかなりラッキーです。

ただし、ここでも業者選びが重要になってくるので、下記を重視して選んでください。

業者のチェックポイント

  • 対応が丁寧な業者
  • 住んでいる地域の業者
  • 遮熱塗料の施工実績のある業者

基本的には同じ地域に住んでいる業者を選ぶのがおすすめ。何かあったときでも、すぐ対応してくれる可能性が高いです。

それでは以上です。

親方
費用を安くする方法は限られるんだ。条件が合えば助成金を上手く活用しよう。

関連記事【保存版】外壁塗装の業者選びで失敗しないために必要な3つのこと

-費用

© 2020 ペイントガイド