基礎知識

外壁塗装は必要?放置するリスクと注意すべきポイントを初心者向けに解説

外壁塗装は必要?放置するリスクと注意すべきポイントを初心者向けに解説

この記事でわかること

  • 外壁塗装が必要な理由と塗装の役割
  • 塗装をしなくてもいい外壁の種類
  • 外壁を塗装せず放置した場合のリスク
  • 外壁塗装にこだわる必要がない理由

上記の内容を建築現場で15年働いた経験から解説します。

それでは本題ですが、外壁塗装は家を守るためのリフォーム方法の1つ。ただし、絶対に必要ではないというのが僕の結論です

親方
外壁の状態が悪いと、塗装をしても無駄になってしまうことがあるんだ。

塗装の性質上、解決できることにも限界があるので、まずは「塗装の役割」を知ることが重要。

この記事を読むことで、塗装をする本質がわかり、「塗らなきゃよかった、、」という失敗を防ぐことができます!

外壁塗装が必要な理由は?基本的な3つの役割を解説

外壁塗装が必要な理由は?基本的な3つの役割を解説

塗装の考え方としては「化粧」と似ています。

肌を守るためや、きれいに見せるために行うもの。 肌がボロボロの状態じゃ、化粧をしてもあまり効果はありませんよね

外壁も一緒で、下地がきれいな状態じゃないと効果が期待できないんです。ここを理解していないと、どんな高級な塗料を塗っても無駄。

親方
塗装は「外壁や屋根」を保護するもの。傷みがひどいと直らないんだ。

役割.1:外壁の美観を守る

塗装をすることで、オシャレにしたり、外壁を汚れから守ったりしてるんです。

住宅建材のほとんどは「塗装」で守られています。それくらい塗装されているものは多いんです。

というか世の中のほとんどの物は塗装されています。色によって、人に与える印象も大きく変わる

汚れがひどい家は近所からのイメージも悪いですよね。

役割.2:雨水の侵入を防ぐ

塗装することで水に強くなり、外壁の劣化を防ぎます。

例えば、住宅によく使われている窯業系サイディング。これ塗装しないと水を吸って、ボロボロになる代表選手です。

また、外壁のつなぎ目などに使われている「コーキング(シーリング)」も塗装することで長持ちするんですよ。

塗装は身を削って外壁を守っています。

役割.3:外壁に機能を持たせる

防水、や汚れを付きにくくする以外にも塗装は「機能」を持っています。

塗装の機能

  • 遮熱性
  • 断熱性
  • 防火性

などなど、色んな性能の塗料があります。もともとの「素材」にない機能をプラスできるのが塗装のいいところ。

鉄にサビ止めを塗ることで、”サビにくい鉄”ができますよね。

外壁塗装をしなくてもいい家ってあるの?

外壁塗装をしなくてもいい家ってあるの?

一般住宅でも、外壁がタイルやレンガの家は塗装が不要です。 ただし、屋根やその他に塗装が必要な場所があるかもしれないので注意。

例えば、軒天などは別の素材のはずです。 また、タイルやレンガは初期費用が高いのと、汚れがついた場合は「洗浄」が必要になります。

親方
メンテナンスフリーの家は存在しない。

外壁塗装をせずに放置すると様々なリスクがある

外壁塗装をせずに放置すると様々なリスクがある

塗装は「外壁」を守っているもの。なので、メンテナンスをしないと当然リスクは出てきます

関連記事【注意】外壁塗装のタイミングを築年数で判断してはいけない3つの理由

家の見た目が悪くなる

家を建てて何年か経てば、新築の頃のような輝きがなくなり、外壁の汚れが目立ってきます

  • 外壁の色が薄くなってくる
  • 外壁を触ると手に粉がつく
  • コケやカビが生えてくる

上記は、塗装の効果が切れてきたサイン。一般的に建物の「南面」が特に色あせて、「北面」にコケ生えやすいです。

この時点ではまだ外壁は傷んでない状態ですね。問題はここから。

外壁がダメになってしまう

塗装の効果が切れてしまうと、外壁素材のみで家を守っている状態になります。

今まであったバリアが切れたようなもの。ここからのダメージは建物のライフポイントを削っていきます。

  • コンクリート→水が染み込み家の下地が傷む危険性がある
  • 窯業系サイディング→サイディング自体は水に弱い、ボロボロになる
  • 金属系サイディング→ガルバリウム鋼板やステンレスであれば割と強い

材質によって危険度は違ってきます。

リフォームに高額な費用がかかる

外壁リフォームの中で、塗装は費用が安いのが売り。ただ、外壁や下地が傷んでくると状況が変わります。

  • 下地がダメになっている
  • 外壁がボロボロと剝がれている
  • どこから雨水が入るか分からないない

こうなっては塗装じゃ解決できません。補修工事の費用もかかり、高額になってしまう可能性が高くなります。

親方
塗って直るのは表面的な劣化だけ。安易に塗装するのはやめておこう。

外壁塗装にこだわる必要はない!他のリフォーム方法も検討しよう

外壁塗装にこだわる必要はない!他のリフォーム方法も検討しよう

状況によっては、張り替え工事も検討するべきです。

ここでは、張替えを前提に少し「放置」する方法を紹介。 ただし、家の下地が傷んでしまっては意味がないので注意点もあります。

関連記事【成功率UP】外壁のリフォームは塗装以外の方法で失敗が減る?!

外壁を定期的にチェックする

地味に重要な部分です。塗装の効果が切れている=防御力が低下中

マメに外壁をチェックして、ひどくならないように見ておく必要があります。

特に注意したい場所

  • ベランダ部分
  • 外壁のつなぎ目
  • 湿気が貯まりやすい北面

上記はボロボロになりやすいランキングTop3です。

部分的に補修工事をしなくてはいけない

外壁が反っていたり、穴が空いているような部分は放置すると危険。

早めに補修するか、思い切って工事してしまうことをおすすめします。自分で補修する人もいますが、プロに相談したほうが間違いないです。

親方
素人がやると余計に悪化することもあるんだ。

張り替えるなら金属系の外壁がおすすめ

もし張替えするのなら金属系サイディング、中でも「ガルバリウム鋼板」は耐久性が高いです。

  • 塗装が剥げてもサビにくい
  • 素材が軽いので家にかかる負担が少ない
  • 今の外壁の上から「重ね張り」ができる

もちろんメリットばかりではないですが、窯業系サイディングに比べて塗装への依存が低い。※海沿いの家には向きません

今まで見てきた現場でも、ガルバリウム鋼板はしっかりしていましたね。

まとめ:外壁塗装は家を守るための選択肢の1つ

塗装の3つ役割

  • 役割.1:外壁の美観を守る
  • 役割.2:雨水の侵入を防ぐ
  • 役割.3:外壁に機能を持たせる

外壁は塗装で守られているため、塗替え工事をしないと外壁がダメになるリスクがあります。

しかし、必ずしも塗装をする必要はなく、張替えも視野に入れておくことで自分の家にあったリフォーム方法が見つかります

外壁の劣化具合、あとは塗装をする費用と耐久性のバランスが重要ですね。

親方
基本的に外壁の状態が良ければ塗装の方がコスパがいい。しっかり外壁の状態をチェックしておこう。

関連記事【保存版】外壁塗装の業者選びで失敗しないために必要な3つのこと

-基礎知識

© 2020 ペイントガイド